×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007/12/23 弾丸!しまなみ・四国(4日目)


最終日となるこの日は07:00起床。
小雨が降っていましたが、止むのを期待してグダグダしてたら、
念願かなって本当に止んでくれました。

とは言えいつまた降り出すか分からず迷いましたが、
降らないことを願って、晴れ装備で出発。


2007/12/23 10:42 国170・岸和田市
さあ、最終日だ!
両親とイヌ&ネコに見送られ、09:40親元出発。

往路はオーソドックスに「東海道」で来ましたが、それで帰っては面白くないので、別ルート。
国26→国170でまずは河内長野を目指します。
河内長野から、国310。
雨上がりの急勾配をグングン登っていきます。

近畿の地図も持たず、出発前にwebの地図を見てざっと組んだルートを書いたメモ頼りで走っていたため、実は河内長野市街では結構迷いました。
まぁ何とかなりはしましたが、やはり準備不足は良くないですね(汗)。

2007/12/23 11:43 国310・河内長野市

2007/12/23 11:49 大阪・奈良府県境
登りきって「国境のトンネル」手前で奈良県入り。
これで近畿二府四県も制覇です。
国境の程々に長いトンネルを抜けたらそこは雲の中、しかも濡れた杉の枯葉が超散乱。
下り坂のワインディングで小排気量向きなのに、これではね…。
滑らないよう、そろそろと五條市街へ。

2007/12/23 11:54 国310・五條市

五條市街からは国24→国370と進むはずでしたが、
何せ地図がないのでポイントを行き過ぎ、
ウロウロしているうちに道がさっぱり分からなくなりました…。

やむなくコンビニで『ライトマップル奈良県』@800円を購入。
本屋さえ発見できれば『ツーリングマップル関西』買ったのに…。


2007/12/23 12:56 吉野川・大淀町
それでも地図の威力は絶大。
以後迷うことなく奈県39→国370→国169と順調に快走し、吉野に到着。

いつの間にかすっかり天気も良くなったし、吉野川の景色はきれいだし、コンビニで弁当を買って川岸でのんびり昼食。寒くもないし、実に爽快。

…そう言えば、この川の名前も「吉野川」。何かとご縁があるようで。
重複区間を終え国169から分岐した国370を経、国166へ出るべく奈県16入り。
のどかな快走路、ホント楽しい。

2007/12/23 13:37 奈県16・東吉野村

2007/12/23 13:47 奈県16・東吉野村
いいペースでワインディングを楽しく走っていたら、こんな碑が。思わずフルブレーキ!

天誅組終焉の地?東吉野??

そう言えば、幕末モノの小説の読者には心当たりのある名前と場所です。
首魁・吉村寅太郎の墓。

詳しいエピソードは小説に譲るとして、帰ってからちょこっと調べたところ、奈良入りに使った国310は、偶然にも吉村ら天誅組も通った道らしいです。

2007/12/23 13:49 東吉野村

2007/12/23 13:58 国166・東吉野村
ということで、国166に出ました。
しばらくはこの道をひたすら東へ向かいます。

しばらくしてタンクをリザーブに切り替えたので、スタンドを探しつつ快走。
奈良県を抜けて、三重県に入りました。
ガスの残量に戦々恐々、しかも高めの気温に反してトンネル内で凍結していたりと、ちょっと我慢の時間。

て云うか、日曜だからスタンドが開いてない!助けて〜。

2007/12/23 14:09 国166・松阪市

さらに15分間「節約走法」で走って、無事開いているスタンドを発見。
リザーブに切り替えて30km、いや危なかった…。


2007/12/23 14:37 国166・松阪市
給油してウキウキで緩やかな下り道を超快走。
ふと気が付けば、並走している櫛田川が実にきれい。

いやぁ、素晴らしいな。
いやホント櫛田川ってきれいだなぁ。
景色に見とれたり、写真撮ったりでちょっとスローダウン(笑)。

2007/12/23 14:51 国166・松阪市

2007/12/23 14:59 道の駅飯高駅
どうもこのあたりは渓谷美で結構有名な温泉地らしいです。
この道の駅にも温泉があって結構な賑わいでしたが、ちょっと時間が押してきたので、トイレ休憩だけしてさっさと出発。
うぅむ。
道の駅飯高駅から少し行ったところで快走路・国166に別れを告げ、国368で真っ直ぐ東へ。
2007/12/23 15:09 国368・松阪市

どこを目指してひたすらに東進しているかと言うと、
愛知県は渥美半島の先端・伊良湖(いらご)へのフェリーが出ている、鳥羽港。
往路で渋滞に悩まされた名古屋圏を避け、一気に伊勢湾を渡る作戦です。

…で、そのフェリーの最終便の時間が17:40。
多分間に合うだろうけど、万が一間に合わなかったら、
それはそれは大変な目に遭うので少しずつ焦ってきました。


2007/12/23 15:34 国42・多気町
道幅の狭いところもあるものの交通量の少ない国368をぶっ飛ばし、国42との交差点まで来ました。

…来ましたが、『ライトマップル奈良県』はここで終わっているので、右と左のどっちに行けばいいのか分かりません。さらに路銀の持ち合わせも乏しく、ちょうどそこにあったコンビニで『ライトマップル三重県』@800円を買い、ATM手数料を払って現金調達。

くっそ〜本屋さえ発見できれば『ツーリングマッ(以下同文)

でもやっぱり地図の威力は絶大でした。
意外にも松阪経由ルートはものすごい迂回ルートだと判明
(単に三重県の地理が分かっていないだけとも言う)。
三県709を経由し、三県38→三県37と走るのが鳥羽への最短ルートに見えます。

道さえ分かれば、あとは行くのみ!
わき目も振らずに、一路鳥羽へ!

…と思った矢先の茶畑で、思わず記念撮影。
さすが有数の茶産地、伊勢。見事な茶畑だ。

はっ、いかんいかんこんなことしてる場合じゃない!

2007/12/23 15:44 度会町

ここから先は尻に火が着いたような調子で、鳥羽に急行。
ところが伊勢市街で超迷走。
土地鑑ない上に地図も縮尺が大きすぎて道が分からん!
目印になりそうな建物を探しては、地図をのぞき込み…

そのうち国23に出たので、素直に国42→国167で海岸沿いを行きます。


2007/12/23 16:41 鳥羽港フェリーターミナル
ふいー間に合った〜。着いてみれば1時間の余裕。

一枚の写真も撮らずにがんばって走り抜けちゃったけど、二見のあたりは景色も良かったし、何より小学校の修学旅行以来の鳥羽だし、もう少しゆっくり走れたら…。

でもまぁ間に合わなかったら元も子もないし、これで良し。
船待ちついでに、伊勢名物と伊良湖名物のコラボレーション、大アサリの伊勢うどんに舌鼓。
大アサリ、大味かと思いきやしっかり「磯の味」がして美味しいし、塩味のうどんだしも美味しい。

1個目の大アサリが砂だらけじゃなけりゃあなぁ(笑)。

2007/12/23 16:52 鳥羽港フェリーターミナル

2007/12/23 17:31 鳥羽港フェリーターミナル
船を待っている間にすっかり暗くなってしまいました。

これを降りたら愛知県か〜。さらば近畿。
いざ乗船。
船内の様子、船首方向。
徳島→和歌山の南海フェリーなどとは違ってイス席のみで、内装もレジャー志向な感じです。

窓際のボックス席に着きましたが、日も落ちて景色も見えず。荷物を放り出し、体を休める。

2007/12/23 17:33 伊勢湾フェリー船内

ダイヤ通り2時間弱で、愛知・渥美半島先端の伊良湖(いらご)に到着。
フェリーターミナルは道の駅も兼ねてましたが、
最終便の到着と同時に営業終了。使えねぇ…。

寒空の下で装備を整え、出発です。


2007/12/23 19:16 田原市・「ロングビーチ北」交差点付近
伊良湖からは、50km先の静岡県湖西市まで、ずーーーっとまっすぐ国42。空いていて走りやすいんだけど、変化もなくだんだん飽きてきて…。
なので、気分転換にちょっと海岸へ降りてみました。

うわー見渡す限り、海岸線ですか。

この夜は満月の一歩手前。照明は何もないけどずいぶん明るく、静かで…

…ちょっと不気味。

ひたすらに国42を走り続けいたら、ふと見覚えのある三叉路が。
果たして、愛知・静岡県境近く、潮見BP迂回路上の「白須賀」三叉路でした。

うへぇ!すっごいショートカットだ。

あっという間に浜名湖。

風は強いけど、なぜだか走ってる分にはほとんど感じないし、事実超快走だし、往路と違ってすごく楽です。

2007/12/23 20:05 浜名湖

この後もずーっと60km/hくらいじゃ風圧を感じないくらいの順風。
浜松BPとか掛川BPなんか超快走でした。

その「順風」、後日調べたところによるとどうも「遠州のからっ風」らしい。
冬の間、静岡はずっと強い西風が続くんだそうな。
なるほど、だから往路は全開でも全然スピード出なかったのか…。


2007/12/23 22:47 JR静岡駅
そんな順風の後押しで望外に順調なので、「静清BP原付通行不可部分の下道」をやらずに静岡市街を走ってみるとどんなもんなのか、新ルート開拓に着手。

BPを外れ、JR静岡駅まで来ました。時間も時間だからか、市街も意外に混んでないね。
市街を走り抜け、某筋には名高い駿河健康ランドのBP合流点に出ました。
このルートは寂しくなくていいけど、所要時間もさほど変わらず、寂しくはないけどその分交通量が多く…。静清BP下道の、ふいに現れる「一時停止」によるSTOP&GOが少なくて走りやすいかも知れないけど……どっちもどっち、かな。

2007/12/23 23:19 国1・静清BP合流点

2007/12/24 00:31 道の駅ふじおやま
かなりいいペースで道の駅ふじおやままで帰ってきました。

…ああ、ここまで帰ってきちゃったなぁ。
その後はいつもの国246で、いつものように帰宅。


逆風に苦しんだ1日目、しまなみ海道快走の2日目、四国の雨の3日目、奈良・三重快走の4日目…。
どの日も、これまで感じたことのない楽しさ・辛さがありました。
長距離弾丸の、「非日常っぷり」も良いですね。また2,000km/4日くらいをやりたいです。

トラックデータはこちら。
走行距離(4日目):568.0km
12/23 09:40出発→12/24 02:15帰宅

総走行距離:2043.5km


ツーリングレポート

トップページ