×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008/09/09 北海道キャンプツーリング(4日目)
〜道東満喫編〜



前夜は蒸し暑くてよく眠れなかったけど、
この夜は10℃台半ばくらいでちょうど良く、超ぐっすり。


2008/09/09 05:38 きりたっぷ岬キャンプ場
04:47 起床。テントから出てみると、前夜同様サイトは霧の中…。日の出は拝めませんでした。ちなみに温度は16℃。

なぜか管理人さんが早くも5時半から始めた草刈りを横目に、カップうどんで朝食。
連泊のおじさん、大阪の学生と話をしながらゆるゆると撤収作業を進めていたら、いつしか霧も晴れました。

07:21、2人にあいさつし、キャンプ場出発。
ちょっと行ったところから、キャンプ場全景を一枚。デジカメが不調でやたら白飛びしてるけど、霧がないとこんな風な景色なんだねぇ。
ちなみに小高い丘の凸が霧多布岬の灯台。

2008/09/09 07:25 道道1039 霧多布岬付近

2008/09/09 07:27 道道1039 霧多布岬付近
道道脇は牧場だったのか……昨晩2回も通っておきながら、霧で全然気付かなかった(汗)。

ということで、よく似た親子にあいさつ。もう一組親子がいたけど、そっちもそっくりでした。
霧多布湿原と浜中湾に挟まれた道道を快走。
朝から上機嫌。

2008/09/09 07:39 道道123 浜中町

2008/09/09 07:50 浜中町
ムツ○ロウさんでおなじみ、旧?動物王国への案内標識があったので、入口まで行ってみました。

て云うか、この看板一枚だけかい(汗)。簡素にもほどがあるだろ…。
気を取り直して、「北太平洋シーサイドライン(道道142)」を快走。

それにしても何という雄大な景色だろう…。

2008/09/09 08:04 道道142 浜中町

2008/09/09 08:05 道道142 恵茶人沼
恵茶人(えさしと)沼のほとりにたたずむ馬たち。
お気に入りの一枚。絵になり過ぎです。
初田牛(はったうし)〜別当賀(べっとが)間でJR根室本線と並走するんだけど、そこがこんな超直線。
あまりの直線に声が出ません。

2008/09/09 08:23 道道142 根室市

2008/09/09 08:58 道道310 根室市
カニで名高い花咲港で、セイコマ休憩。

このマンゴーカツゲン、誇らしげに「北海道限定」なんて書いてあるけど、そもそもノーマルなカツゲンからして北海道限定なんじゃ??しかも堂々「無果汁」だし。
ちょっと寄り道。日本最東端の駅。
2008/09/09 09:12 東根室駅

2008/09/09 09:41 納沙布岬
根室市街から風の強い道をひた走って、本土最東端の納沙布岬に到着。このあたりは海からの風を遮るものがないから、さすがにちょっと肌寒かった…。

ちなみに写真を撮ってたら、レンタカーでやってきた旅人に、「カブで来たんですか?」と聞かれました。
うーん、惜しい!(笑)
すぐ近くの北方館・望郷の家へ。
備え付けの望遠鏡をのぞけば、北方領土の近さが「ずん」と伝わってきます。

うわー、建物まる見えじゃん…。

近くて遠い、その「距離」を肌で感じることができました。

2008/09/09 10:03 北方館・望郷の家

「返せ北方領土」のフラッグをもらえることも知らないまま、
北方館・望郷の家と、納沙布岬を後に。


2008/09/09 10:34 北方原生花園
強い横風にあおられながら走っていたら、ポニーの群れを見つけたので、原生花園に寄ってみました。
ここは木道を自由に散策できるようになってるみたいだけど、ゲートと木道をポニーが封鎖してて入れず(笑)。

人にすり寄る訳でもなく、ただただその場でぼーっとするポニーを眺めていたら、
通りすがりのスズキ・ボルティーのライダーさんが、発声一番、

「相模原市ですか?!」

えらい食い付き方だと思ったら、ボルティーさんも相模原市民(笑)。
しかも一昨日きりたっぷ岬キャンプ場にいたんだそうな。世の中狭いな(笑)。
連泊のおじさんのこととか、地元の人の差し入れのこととか、
気づけば20分くらいおしゃべりしてたので、「では」とあいさつして先発。

防風林帯に入って横風への緊張から解放されるようになったら、今度は眠くなってきたので、無理せずセイコマ休憩。いい時間なので、ここでお昼に。

で、ゆでとうきびをかじってたら、目の前をボルティーさんが駆け抜けて行きました。そういえば、中標津の「すしロード」に行くって言ってたな…。

ちなみにこの直後、厚床(あっとこ)でまた抜き返しました(笑)。

2008/09/09 12:01 国44 根室市

2008/09/09 12:31 国243 別海町
野付半島へ向かうべく国243に入ったら、北海道らしい牧場の光景が目に飛び込んで来たので写真…

…を撮ってたら、またまたボルティーさん登場(笑)。ピースサインでお別れ。
反対車線のライダーさんは立ち乗りピース!
おみごと。

2008/09/09 12:31 国243 別海町

2008/09/09 13:05 北方展望台
国243と国244で風蓮湖畔をぐるーっと回り、やがて根室湾沿いの快走路へ突入。いいペースで走ってたら、水平線上に陸地が。野付半島?

標津市街の手前で右に折れ、道道950へ。
入ってちょっとで、右手に野付湾・左手に根室海峡と、
海に挟まれた道が出現します。当然快走!

野付半島は先端の「トドワラ」(立ち枯れのトドマツのある湿原)が有名だけど、小規模な「トドワラ」ならあちこちに。
ホントに素晴らしい風景なのに、デジカメがイカれてこんな写真しかないのが残念無念。

2008/09/09 13:33 道道950 別海町

2008/09/09 13:42 野付半島ネイチャーセンター
強風の中、「トドワラ」観光の拠点・ネイチャーセンターに到着。
車両乗り入れ禁止のトドワラは徒歩や馬車のバス?で散策できるみたいだけど、ちょっと疲れてきたのでパス。
トドワラの他にも、北方領土の国後島がすぐそこに。
2008/09/09 13:44 野付半島ネイチャーセンター

2008/09/09 13:44 野付半島ネイチャーセンター
トドワラを遠望。素晴らしい(写真はアレだけど…)。

ここだけじゃなく、野付半島全体できれいな湿原の風景を見ることができて、個人的には大満足でした。

来るかどうか迷ったけど来て良かったな、野付半島。
風の道道950で、ピースサインの交換会。

ボーイスカウト式敬礼の人が多かった気がするけど、この人は軍隊式敬礼スタイル。
他には手を振ったり、親指を立てたり、私のように左手を上げるだけだったり…。
その名の通りの「ピースサイン」は少なかった気がするけど、中には満面の笑みで返してくれる人とか、両手をぶんぶん振ってくれた人もいたなぁ(笑)。
全部嬉しかったのは、言うまでもなく…。

2008/09/09 14:15 道道950

2008/09/09 14:22 道道950 標津町
まだ子牛かな。
目をまん丸にしてこっち見てる姿がかわいいです。

この後知床を周るつもりだったけど、予定より遅くなったし、
風が強くてちょっと疲れたので、海辺を離れることに。

てことで、レッツゴー・神の子池&摩周湖!

中標津の町を走ってたら、こんなんありました。
東経145度の標。

大きいんだけど、なんか地味ですな…。

2008/09/09 14:50 国272 中標津町

中標津の町では、給油したり、セイコマ休憩したり、
ライダー優遇で有名な回転寿司屋「すしロード」を見たりしたけど、
基本的に総スルーで摩周湖方面へ。


2008/09/09 15:29 道道505 中標津町
中標津・養老牛(ようろうし)の道道にて。
その名の通り?牛がたくさん。

ちなみに柵の向こうにシカがいたりもします。
斜面にも「牛」。

きっと「養老」って刈るのは面倒臭かったんだろうなぁ(笑)。

2008/09/09 15:29 道道505 中標津町

日の傾き始めた道道150・道道1115を快走。
この辺りまで来ると、日陰だと空気がひんやり。
騒ぐほどではないけど、なるほどちと寒い。


2008/09/09 15:54 神の子池
ダートを抜けて、神の子池に到着。
未舗装路なのに、ひっきりなしにレンタカーや観光バス、それにバイクがやってくるもんだから、平日なのにこの人出。

ちなみにサングラス掛けたまま神の子池へのダートへ突入するのはやめましょう。マジで見えません(汗)。
おおぉ!青い!!

でもこの時間だと映り込みが…。もうちょっと光のいい時間帯に来たら、それはそれはきれいだったろうなぁ。

2008/09/09 15:55 神の子池

2008/09/09 15:59 神の子池へのダート
池の他には何もないので、さっと転進。
ちなみにダートはこんな感じ。チョッパーの原付の女の子でも大丈夫な道です…
…が、油断するとこうなりますので、ご注意。
2008/09/09 16:02 神の子池へのダート

2008/09/09 16:19 裏摩周展望台
で、サクッと裏摩周展望台。
ほほー、これが摩周湖か。霧のない「霧の摩周湖」に遭遇すると婚期が遅れるらしいけど、既に遅れてるので全然平気。(T-T)
さあ、今夜の野営地へ。
一昨日昨日と日没後の到着だったので、今日こそは日没までに着いてやるぞと、夕食の買い物も後回しにして急行。

2008/09/09 16:57 中標津町

2008/09/09 17:04 中標津町
この道を登って!下って!また登れば!!
そこはライダー憧れの「開陽台」!

いやー、来たなぁ。

2008/09/09 17:08 開陽台

2008/09/09 17:11 開陽台
地球が丸く見えるという、展望台からの景色。天気に恵まれて、遠く国後島までバッチリ。日没前に着いて良かった…。
個人的には麓に広がる格子状防風林を見ることができて、感動もひとしお。
展望台下に見えるのが、テントサイト。想像してたより小さくて意外。

ちなみにテントサイト脇へ行くのに、右に見える展望台関係者用の道を使うと、展望台のおばちゃんに
「そこのバイクの人!その道バイク禁止って書いてあったっしょ!荷物降ろす前にバイク降ろして!!」
と怒られるので、ご注意(笑)。

2008/09/09 17:11 開陽台

テントを設営し、身軽になったタウンメイトにまたがって
中標津の町まで買出しに行こうとしたら、
駐輪場に根室で出会ったボルティーさんの姿が。
聞けば、「多和平に行くつもりだったけど、
開陽台でキャンプしたことがなかったから来た」
いや〜こういう再会って嬉しいね!


2008/09/09 18:09 中標津町
で、中標津市街。
買出しするお店は当然セイコマ。
開陽台に舞い戻り、隣にテントを張ったボルティーさんや、そのまたお隣さんなんかと話しながら夕食。
が、風もあって日が落ちると寒く、食後は片付けもそこそこに、展望台下の宴会に合流。
十数人でひたすらバカ話とか、旅の思い出とか、誰に遠慮することもなく語り合いました。気温は14℃しかなくて寒かったけど、すごい楽しかった!

2008/09/09 21:53 開陽台

宴会はまだ続いたみたいだけど、
寒さと眠気と疲れにはあらがえず、
一段落したところでテントへ引き揚げ。
今日は充実したツーリングだったな…。



出会いあり、別れあり。霧あり、絶景あり。快走路あり、ダートあり。
デジカメが絶不調なのを除けば、こんなに楽しい一日は未経験でした。
たくさんのライダーが北海道に魅かれる理由を、頭じゃなく心で理解できたよ。
明日はいよいよ知床へ。楽しみだな〜!22:20 就寝。

トラックデータはこちら。
走行距離:414.8km
07:21きりたっぷ岬キャンプ場出発→17:05開陽台着

北海道キャンプツーリング(5日目)


ツーリングレポート

トップページ